日本語 / English

伊藤 圭一(Kim Studio)

音楽プロデューサー、エンジニア

ストレートでピュアーなサウンドですね。高次の倍音まで、位相が整っているため、濁りが無く生々しい印象です。しかも、アタックの立ち上がりやトランジェントが素晴らしいです。

必要にして充分な機能的で、スッキリとしたパネルレイアウトで使いやすいです。特に、ゲイン・トリムが大きく、ゲイン値の目盛りが見やすく、クリック付きで再現性が高い点がいいですね。ゲイン・トリムは、非常に触る機会が多いだけに、この大きさと質感は大切です。

また、昨今のレコーディング事情を考慮すると、チャンネル・ストリップよりも、このようにHAに特化したものの方が現実的でしょう。すなわち、コンプやEQはせずに、できるだけストレートにDAWに録り込み、加工はプレイバック側でプラグインをインサートして処理した方が、後々まで自由度があるわけです。録音時にコンプやEQをしてしまった場合でも、トラックダウンでまた加工する可能性は高く、そうなると2重に加工することになり、結果的に音の純度が落ちてしまうからです。

実際のレコーディングで使用してみると、弦楽器との相性がすこぶる良く、アコースティック・ギターには特にお薦めです。スチール弦のギター・サウンドは、非常に気に入りました。ヌケの良さが素晴らしく、弾いていて気持ちが良いですね。クリアーで、スピード感があり、音の純度が高く、生々しくて、近い感じがします。音の立ち上がりやトランジェントが良いからでしょうね。

ヴォーカルの質感もよく、「そのままの音が録音できる」というイメージです。使用しているマイクの個性が明確に伝わってきます。チューブ・マイクの太さや、高品位な最新のマイクの透明感も味わえますので、マイクの個性を殺さず、それぞれのキャラクターを楽しめるマイクプリですね。 外部電源方式を採用した点は、プロフェッショナル機器として、ベストな選択でしょう。オプションでADコンバーターが内蔵できる点も、期待が持てます。

吉田 保

エンジニア

f特とか、すごくいい。透明感があり、実際に録音してみたんですが、EQを使わなくてもしっかりした音になってくれていた。特性的には、バッチリだと思います。すごく素直で、ボーカルに向く。なんといっても、広いダイナミクスレンジによって、細かいニュアンスが拾いやすいし、小さな音も輪郭が崩れない。クラシックの録音ではメインマイクに使ったらいいじゃないか。弱音楽器に使う場合にも、レンジが広く、S/Nもいい状態で録れると思う。

使ってみてのインプレッションとしては、よく云えば「非常にフラット」、悪くいえは「色がない」。でも、あとから、いくらでも色付け出来るサウンドが残せるということでもあると思います。

マイクとの相性はNeumann U67の素直な音が、そのまま引き出せていたのが印象的。低域に関しては、他の定番マイク・プリアンプだと低域がボーボーいう場合でも、SP-MP4ではそれがない。とはいっても低域が足りないわけではなく、あくまでも自然な感じで、EQで足さなくても大丈夫なサウンドが録れる。

操作性で特徴的なのはゲイン・ノブ。3dBステップは、スゴク良かったです。-1dB、-2dBのスイッチと組み合わせて、1dB単位で調整できるのはとても便利ですね。固定ゲインのスイッチなんだけど、スイープと同じ感覚で使えるのはすごくいいと思います。音的にも固定のほうがいいですからね。

今後出てくるはずのデジタルオプションには、期待しています。デジタルアウトはこれからのレコーディングスタイルを示していると思います。入力の監視がこの機械ではLEDの光量なんですが、光加減で音量を表示するのはいいアイディアですね。実際に同じくらい光らせたらレベルが揃っていたし、使ってみるとこれが見やすくて、いいと思いました。

吉田 保プロフィール:1946年11月6日、埼玉県大宮市生まれ。 1968年、東芝EMI録音部入社。 1976年、RVC(現在BMGビクター)録音部入社。 1979年、CBS/SONY六本木スタジオ、CHIEF ENGINEER。 1989年、(株)サウンド・マジック・コーポレーション設立。 2007年、(株)ミキサーズラボ。山下達郎、竹内まりや、稲垣潤一、大滝詠一、吉田美奈子、浜田省吾、スクエアー、松田聖子、Kinki Kids、ゴスペラーズ等多数手がけられる。良い音を短時間で仕上げる。あらゆるジャンルに挑戦する。この2つをポリシーにしている。